トップ > 開発機の準備 >
Fedoraの初回起動設定と追加作業

  

Fedoraの初回起動設定

Fedoraの初回起動設定を行います。 開発機にインストールしたFedoraを起動してください

1. Fedoraの起動

1. Fedoraの起動画像を拡大する
1. Fedoraの起動

何もせずに5秒待つか、キーボードのEnterキーを押します。

  
5秒経過すると自動的にFedoraが起動します。

2. 進捗

2. 進捗画像を拡大する
2. 進捗

Fedoraの起動が開始されます。 中央に表示されているFedoraのロゴが進捗を表しています。

  
起動が完了するのを待ちます。

3. ログイン画面

3. ログイン画面画像を拡大する
3. ログイン画面

インストール時に作成した一般ユーザのユーザアカウントを選択します。

4. パスワードの入力

4. パスワードの入力画像を拡大する
4. パスワードの入力

インストール時に設定したパスワードを入力し、[サインイン]ボタンを押します。

  
ログインしてから初回起動設定の画面(言語の選択画面)が表示されるまで少し時間がかかります。 言語の選択画面が表示されるまで何もせずに待ちます。

5. 言語の選択

5. 言語の選択画像を拡大する
5. 言語の選択

日本語が選択されていなければ選択し、[次へ(N)]ボタンを押します。

6. 入力言語の選択

6. 入力言語の選択画像を拡大する
6. 入力言語の選択

日本語が選択されていなければ選択し、[次へ(N)]ボタンを押します。

7. プライバシーの設定

7. プライバシーの設定画像を拡大する
7. プライバシーの設定

必要ならプライバシーの設定を行い、[次へ(N)]ボタンを押します。

8. オンラインアカウントへの接続

8. オンラインアカウントへの接続画像を拡大する
8. オンラインアカウントへの接続

[スキップ(S)]ボタンを押します。

9. 準備完了

9. 準備完了画像を拡大する
9. 準備完了

[Fedoraを使い始める(S)]ボタンを押します。

10. GNOMEヘルプ

10. GNOMEヘルプ画像を拡大する
10. GNOMEヘルプ

GNOMEヘルプを閉じます。

11. ディスプレイ設定を開く

11. ディスプレイ設定を開く画像を拡大する
11. ディスプレイ設定を開く

デスクトップの何もない場所を(1)のようにマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)でクリックし、表示されたメニューから(2)の"ディスプレイ設定"を実行します。

12. ディスプレイの選択

12. ディスプレイの選択画像を拡大する
12. ディスプレイの選択

ディスプレイの一覧が表示されますので、対象のディスプレイを選択します。

12. 解像度の設定画面

13. 解像度の設定画面画像を拡大する
13. 解像度の設定画面

解像度の設定画面が表示されます。

14. 解像度の変更

14. 解像度の変更画像を拡大する
14. 解像度の変更

解像度を "1024 x 768 (4:3)" に変更し、[適用(A)]ボタンを押します。

  
現状で1024 x 768以上の解像度であれば何もすることはありませんので、[Cancel]ボタンを押して画面を閉じてください。

15. 変更を保存するかどうかの確認

15. 変更を保存するかどうかの確認画像を拡大する
15. 変更を保存するかどうかの確認

変更を保存するかどうかの確認が表示されます。 画面が乱れたりしていなければ[変更を保存]ボタンを押して確定します

16. ディスプレイの選択画面を閉じる

16. ディスプレイの選択画面を閉じる画像を拡大する
16. ディスプレイの選択画面を閉じる

ディスプレイの選択画面を閉じます。

  

開発ツールの追加

続いて、ソフトウェアの追加インストールを行います。 1CD Linuxを構築するのに必要な開発ツールをインストールします。

作業は仮想端末で行います。 ダッシュボードを開き、続けて、"term"と入力し、さらにEnterキーを押すことで仮想端末を開くことができます。

  
画面の左上にある アクティビティ をクリックするか、マウスカーソルを画面左上の隅に押し込むことでダッシュボードを開くことができます。
  
キーボードのWindowsキー(Windowsキー)を押すことでもダッシュボードを開くことができます。
  
仮想マシンの場合はマウスカーソルを押し込むのは難しいでしょう。

仮想端末が起動したら、続けて以下を実行します。

まず、rootにスイッチします。


su -

 
  
パスワードの入力を求められますので、インストール時に指定したrootのパスワードを入力します。

では、ソフトウェアの追加インストールを行います。 まず、C言語の開発ツールとライブラリ群を追加インストールします。


yum groupinstall 'C Development Tools and Libraries'

 
  
"これでいいですか? [y/N]"と聞かれるので、y を入力して続行してください。
  
"C Development Tools and Libraries"グループに属するソフトウェアをまとめてインストールしています。
  
インストールには時間がかかります。 インストールが正常終了すると、"完了しました!" と表示されます。

次に、Patchをインストールします。


yum install patch

 
  
"これでいいですか? [y/N]"と聞かれるので、y を入力して続行してください。

さらに、Texinfoをインストールします。


yum install texinfo

 
  
"これでいいですか? [y/N]"と聞かれるので、y を入力して続行してください。

最後に、SquashFS toolsをインストールします。


yum install squashfs-tools

 
  
"これでいいですか? [y/N]"と聞かれるので、y を入力して続行してください。

これで、ソフトウェアの追加インストールの作業は完了です。 一般ユーザに戻ります。


exit

 
  

OpenSSH Serverの設定の変更

最後に、OpenSSH Serverの設定を変更します。 パスワード無しでもSSHログインできるようにするための変更です

  
この作業は、他のマシンから開発機にSSH接続して1CD Linuxの構築を行う場合にのみ必要となります。 開発機で直接作業を行う場合は、この作業は必要ありません。

引き続き、仮想端末での作業です。 まずは、rootにスイッチします。


su -

 
  
パスワードの入力を求められますので、インストール時に指定したrootのパスワードを入力します。

まず、OpenSSH Serverの設定ファイルである/etc/ssh/sshd_configファイルを修正します。


sed -i -e 's/#PermitEmptyPasswords no/PermitEmptyPasswords yes/' /etc/ssh/sshd_config

 

上記コマンドにより、/etc/ssh/sshd_configファイルは以下のように変更されます。

変更内容 補足
#PermitEmptyPasswords no
  ↓(修正)
PermitEmptyPasswords yes

空のパスワードでのログインを許可します。

次に、設定ファイルの変更を反映させるため、OpenSSH Serverの再起動を行います。


systemctl restart sshd.service

 

続けて、システム起動時にOpenSSH Serverが自動起動するよう設定を変更します。


systemctl enable sshd.service

 

さらに、rootのパスワードを削除します。


passwd -d root

 

これで、OpenSSH Serverの設定の変更の作業は完了です。 一般ユーザに戻ります。


exit

 

最後に、リモートからのSSH接続をテストします。 リモートからIPアドレスでSSH接続してください。

  
開発機のIPアドレスはifconfigコマンドを実行して調べてください。
  
ログインユーザIDはrootです。 パスワードを無しでログインできます。
 
メニュー