トップ > 概要 >
手順の概要と最終的に完成するもの

1CD Linuxの作成の大まなかな手順

本ウェブサイトで解説している1CD Linuxの作成の手順は、以下のような流れになります。

ステップ1 概要の理解

まずは、作業概要や前提知識を知っておくことが重要です。 今、みなさんが読んでいるこの章が、作業概要および前提知識についての説明の記事です。

ステップ2 開発機の準備

続いて、開発機を用意します。 開発機は実機でもよいですし、仮想マシンでも構いません。

  
開発機を実機で用意する場合はハードディスクの中身が消えてもよいマシンを用意してください。

用意した開発機にはFedoraをインストールします。 なお、インストール時に、1CD Linux用の空のパーティションを確保しておきます

Fedoraのインストール
Fedoraのインストール

ステップ3 最小システムの構築

次に、最小システムを構築します。 まずは、一時的な開発ツールをビルド・インストールします。 ステップ2でインストールしたFedoraを起動し、空の1CD Linux用のパーティションに一時的な開発ツールをビルド・インストールしていきます。

なお、一時的な開発ツールは、Fedora上の開発ツールを使ってソースからビルドします

一時的な開発ツールのビルド
一時的な開発ツールのビルド

なお、Fedora上の開発ツールよりも、この一時的な開発ツールが優先的に利用されるように環境変数 PATH を設定します。 つまり、作業が進むにつれ、独自にビルド・インストールした一時的な開発ツールが利用されるようになります。

一時的な開発ツールが揃ったら、次に、チェンジルートを行います。 1CD Linux用のパーティションがルートディレクトリとなるようチェンジルートします。

  
チェンジルートは、ルートディレクトリを / 以外に変更するための仕組みです。 例えば /mylinux にチェンジルートすると、本来 /mylinux/etc であったディレクトリは /etc として見えるようになります。

続けて、チェンジルート環境上にて、1CD Linuxに必要となるソフトウェアをビルド・インストールします。 ソースからビルドし、1CD Linux用のパーティションにインストールします。

なお、ビルドには一時的な開発ツールを使います

  
チェンジルート中ですので、Fedoraのパーティションは参照できません。 よって、間違ってFedora上の開発ツールを使用してしまう心配はありません。
新システムの作成
新システムの作成

必要なソフトウェアのビルド・インストールが完了したら起動テストおよび動作テストを行います。 Fedoraのインストール時に作成されたブートローダから起動できることを確認します。

新システムの起動と動作テスト
新システムの起動と動作テスト

ステップ4 Live CD化

最後に、Live CD化を行います。 CDから起動できるよう新システムに修正を加え、CDに書き込みます

Live CD化
Live CD化

作成した起動用CDを使って実機での起動テストおよび動作確認が成功すれば、オリジナルの1CD Linuxは完成です。

ページの先頭へ
 

最終的に完成する1CD Linuxの内容

本ウェブサイトの記事に従って作成する1CD Linuxは、最終的に、

  1. CDから起動する
  2. 32ビットシステム
  3. ネットワークに接続できる(有線)
  4. 一般的な用途で最低限必要となるソフトウェアのみを含む
  5. X Window Systemは含まない

のような内容になります。

なお、『一般的な用途で最低限必要となるソフトウェアのみを含む』という構成になっているのは、どんな用途の1CD Linuxを作成する目的にも役立つようにするためです

本ウェブサイトの記事に従って作成したものを土台にし、別途必要となるソフトウェアを追加することで、さまざまな用途の1CD Linuxへ拡張できることを目指しています

  
X Window Systemは含んでいませんが、心配はありません。 本ウェブサイトを読み終える頃には、資料を参考に自力でX Window Systemを導入できるようになっているはずです。
ページの先頭へ