トップ >
Live CD化

構築した新システムをCDから起動できるようにする

ここまでの作業で、ハードディスクから起動する独自のLinux系の新システムを構築することができました。 ここからは、その新システムを変更し、CDから起動できるようにしていきます

この節の内容

  1. 初期RAMディスクについて
  2. 初期RAMディスクの追加
  3. マウント方式によるLive CD化
  4. マウント方式とOverlayFSの併用によるLive CD化
  5. SquashFSとOverlayFSの併用によるLive CD化

では、[次の記事へ]ボタンを押して、この節の次の記事へ進みましょう

ページの先頭へ